ルミガンの副作用

ルミガンはまつ毛が短期間で長く濃くなるということで、世界中の女性の間で人気となっているまつ毛育毛剤ですが、もともとは緑内障の治療薬と使用されていた医薬品で、主成分のビマトプロストには若干の副作用があることも分かっています。

 

実際にこの商品を使用した数パーセントの人たちに目の痒みと充血が起きたという報告もあり、目の炎症や乾きや色素沈着などが起きたという報告もいくつかあります。

 

しかしルミガンは、もともと緑内障に治療薬として現在でも眼科で取り扱われているものなので、安心して使えることには間違いはなく、さらにこの商品を使用して目の痒みや充血などの副作用を起こしているのは、間違って目に入ってしまった場合なので、目に入らないように注意して使用することで、ほとんどの副作用は防ぐことができるようになります。

 

副作用を防ぐためには、使用上の注意をきちんと守るようにして、1日1回の使用を徹底して、付け過ぎには十分な注意が必要です。

 

付け過ぎることで効果が早く出ることもまつ毛がより長くなることはないので、そのことをきちんと理解するようにしましょう。

 

また副作用が酷い場合は、しばらく使用を中止するようにして、症状が改善してから再び使用するようにしましょう。

 

また症状が改善しない場合は、病院に行って医師の診察を受けることをおすすめします。

 

ルミガンを使用する時には保管方法にも注意が必要で、直射日光が当たらないようにして、できるだけ涼しい場所を選んで保管するようにしましょう。